休日は子連れで野外イベントへ!子どもの耳は平気?本当は怖い音響外傷!

f:id:rockway:20190207163001j:plain

現代は子連れで行ける野外イベントやライブなども多く、親子や家族で音楽鑑賞を楽しむ方も増えているように感じます。私も音楽が大好きだし子供達も嬉しいことに音楽を好きでいてくれているので、機会ある度に家族で足を運んでいる……と思ったでしょ?
 
実はそうでもないんですよ…。
 
というのも、禁煙の場所が少なかったり多動児連れだと何かと面倒くさかったりゲフンゲフン、色んな理由があるんだけど、一番の理由は音響外傷が怖いから
モニターの目の前で抱っこ紐つけたママさんが踊ってたり、小さな子供が最前列ではしゃいでいるのを見ると「最高♡」と思う反面、「あんな近づいて子供の耳は無事かしら?」と不安になってしまいます。小さな子供の耳に大きな音は負担だということをしっかり認識していただいて、リスクを最大限に減らした楽しみ方をしてもらえたら嬉しいなぁと思う、今日この頃です。
 

 本当は怖い大音量 

ライブやパーティーが大好きなママさんやパパさんにとっては慣れてしまって普通に感じる音量や音圧も、子供の耳にはとっても刺激が強いのです。強すぎて傷つけてしまう場合もあります。

 

◆大音量のコンサートの後、耳鳴りがずっと続いたり、聞こえが悪くなったりすることがあります。これは「音響外傷」といい、聴覚器官がダメージを受けたことで起こる疾患です。耳が受け取れる音は限られており、この限界を超えたときに発症します。なお、音に対する感受性は個人差があるため、すべての人に起こるわけではありません。

◆耳は外耳、中耳、内耳の3つで構成されています。外耳から入った音は鼓膜を通り、中耳にある骨を介し、その振動が電気信号に変換され脳に伝わります。電気信号へ変換するのは、内耳にある蝸牛(かぎゅう)の「有毛細胞」。音響外傷は、大きすぎる音によって、この有毛細胞が傷つけられることをいいます。一度傷ついた有毛細胞は修復できず、それが積み重なると本格的に聴力が低下します。

◆大音量に直撃されると大人でもダメージを受けます。まして子どもは内耳が傷つきやすいため、その影響はより大きいと推測されます。幼い子どもは訴えることができません。目立った障害が現れていないようでも、測定すると聴力の低下が起きている場合もあります。
 
「 神経質だよ」と言われてしまえばそれまでですが、子供に大音量の音楽イベントを体験させる上ではこのようなリスクが必ず付いて回るということだけは理解していただきたいと思っています。
 

子供を連れて行くならイヤーマフ

もし子供を野外イベントのモニター前やライブハウスに連れて行くなら、そしてママさんやパパさんが本当に音楽が好きなんだったら、子供には必ず防音イヤーマフを着けてあげてください。
もし将来子供の耳が悪くなって音楽できなくなっちゃったら?「あの時行かなければ良かった」なんて後悔して音楽を嫌いになんかなりたくありませんよね。
生後半年ぐらいから15歳まで長く使用できる割に、2,000円前後で購入できるから、持っておかない手はないです。

 

遮音性に優れたイヤマフ

イヤマフを選ぶ基準は、第一に遮音性です。
日常会話が60dbぐらいの音量なので、例えば34dbの遮音値のイヤマフを装着すれば26dbまで騒音が軽減されるということになりますね。
Fnovaのイヤマフは使い勝手がトップクラスで、遮音性も安心の34db。これぐらいあれば何の心配もなく踊り狂うことができます。

 

見た目も重要視したい

でも見た目も大事だよね、超わかる。

そこでオススメなのが「Edz Kids」のイヤマフ。
 
デザインがとにかく可愛いの!アタッチメントになってるから、カバーを外せばシンプルなブラックのイヤマフにもなるし場所も選ばない。
スマイルやてんとう虫などカラーバリエーションや柄も豊富で、遮音値は26dbあるから問題なし。
ヨーロッパの老舗ブランドということで、聴覚障害の研究を続け、生涯続いてしまう難聴を防ぐために社会へ訴え続ける活動を行なっているEdz Kids。
使用感覚は「水の中にいる感じでノイズをシャットアウト」だそうです。可愛いのにすごいね!
 
ちなみにあのフジロックも何年か前に公式でキッズ用のイヤマフを販売していました。

 

リスクを回避して楽しもう

せっかくの音楽鑑賞ですから、できるだけリスクは回避して楽しい音楽ライフを、親子で楽しんでいきたいですよね。

親の数だけ色々な考え方がありますので一概にこれが正解だと押し付ける気持ちは毛頭ありませんが、私個人的にはやはり耳を守りながら楽しんでもらって、お子さんにも音に対する正しい理解をして欲しいと思っています。

便利な世の中ですから、使えるグッズはどんどん使っていきましょう!

f:id:rockway:20190207162137j:plain

 

 最後に自己紹介させてください

私たち【 educart(エデュカート)】は、yajiとkarmaの2人による【児童福祉×芸術】をテーマにしたチームです。保育園などへの出張音楽講座、障害児向けのアートセラピー、ママやパパが楽しめるイベント開催など、芸術を通して子どもたちに生きる楽しさ・自己表現の素晴らしさを伝えていく活動を行なっています。 

educart.hateblo.jp

 

記事内写真アーティスト:Likkle Mai & The K、新倉 壮朗、オガックス