はじめまして、educart(エデュカート)と申します。

f:id:rockway:20190207210506j:plain

 

はじめまして!

この度、今ご覧いただいている【児童福祉×芸術】をテーマにしたブログを開設しました。

 

educart(エデュカート)と申します。

今後このブログ内において、子どもや芸術に携わる皆さんが「おっ」と反応してくださるような記事を一生懸命書いていけたらと思っています。

 

 #とは

私たち educart(エデュカート)は、yaji(ヤジ)karma(カルマ)の2人を中心とした、【児童福祉×芸術】をテーマに活動を行なっているチームです。

保育園などへの出張音楽講座、障害児向けのアートセラピー、ママやパパが楽しめるイベント開催など、芸術を通して子どもたちに生きる楽しさ・自己表現の素晴らしさを伝えています。 

今年中にNPO法人として独立することを目指しながら私たちに出来ることを地道に取り組んでいき、ひとりでも多くの子どもと親御さんたちへ笑顔を届けたいです。

2人で共同主催しています

♪Producer:yaji(ヤジ)

f:id:rockway:20190207184226j:plain Yaji (@yajimaxyaji) | Twitter

東村山市の音楽祭「まちジャム」や、公民館と児童館を借し切った音楽祭「フジミロックフェスティバル」などの企画、運営メンバーのひとりです。自らもドラムや弾き語りなどのバンド活動を行いながら若者へ音楽の楽しさを伝えるための取り組みを日々思索しています。

また、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、放課後支援員の資格を保有しており、現在は学童保育の支援員として働いています。保育所障がい者向けの就労支援施設などでの音楽指導も精力的に行なっている、educartのプロデューサーです。

とても穏やかで、全てを包み込むような包容力がある、クマさんみたいな人です。karmaの無謀かつ大胆な提案を上手にまとめあげてくれます。

♪Director:karma(カルマ)

f:id:rockway:20190207184406p:plain 👁‍🗨 K a r m a🎗 (@k6rm6) | Twitter

年子のASD/ADHD児を2人育てながらフリーランスプロカメラマンとして活動。ミュージシャンをはじめ動物、子どもなどの動体撮影をライフワークとしながら、写真スタジオの監修やカメラ講師なども行っています。また、R&Bやゴスペル、ソウルなどのシンガーとしても活動しており、趣味は美術鑑賞です。

虐待・非行・引きこもり・いじめ・依存症などの児童や青少年を取り巻く社会問題を全て実際に経験してきた克服済み当事者であり、数多の施設で育ってきました。現在も2Eギフテッド/LD(算数障害)・自己炎症性疾患の難病・被虐待等によるPTSDと共生しています。

このブログ記事をメインで書いていく担当です。よろしくお願いします!

 

そんな私たちだから出来ること

伝える

2人とも現役のアーティストということもあって、各方面のアーティストとの繋がりは膨大です。もちろん我々もサポートしていきますが、より専門的なことを求める方にはその道のプロをお呼びして、芸術を用いた関わりを持っていきます。そして一緒に作り上げた作品や取り組みを、アウトサイダーアート(アール・ブリュット)として展示を行ったり、ライブハウスなどで音楽を披露する機会を作ったりしていきます。

そういった芸術活動の中で、作品や言葉を通じて子どもたちから色々な思いを伝えてもらうので(私たちが全力で受け取りに行くので心配しないで)、私たちなりに理解した子どもたちの思いを社会や世界へと発信していきます。芸術だから言えること・表現できることがあると思うから。

いつか全ての子どもたちにとって生きやすい社会になることを祈って、私たちは伝えることを諦めません。

育てる

保護者と児童福祉に携わる者は、それぞれ飛行機の両翼だと考えています。左右どちらが欠けても、飛行機は空を飛べません。我々が関わりの中で子どもたちに与える影響を真摯に考えながら、責任を持って一緒に子どもを見守り育てていく思いです。

また、芸術活動を行う中で自己表現をするスキルを養っていき、作品を完成させることで自信や自己肯定感を育みます

「上手だね」などの揺らぎやすい主観による肯定をすることもなく、「もう少しこうした方が」など結果に対する否定も一切しません。純粋に芸術へ取り組む楽しさの中で「自分はありのままでいい」という安心感を覚えてもらい、本当の意味での自己肯定を身につけて欲しい。そういった部分も含め、丸ごと一緒に育んでいきます

支える

保育や学童の現場で活動し続けるyajiと、実際に年子(発達障害児)を育てるkarma。専門的な知識を持って、子どもや親御さんへ接し、支えていくことが出来ます。

中でもkarmaは幼少の頃に虐待を受けて育ち、加害者家族として迫害され、保護された施設でのいじめに遭い、非行に走り逮捕され、依存症や障害、精神疾患と戦い続けてきました。当事者としてあらゆる苦悩を抱える子どもに「諦めなくても大丈夫だよ」と伝えたい。その一心で、心理学や芸術療法の勉強を行いました。(算数障害なので高卒認定も取れずに資格取得は断念していますが、知識は同等となるよう今日も勉学を欠かしません)

karmaの実体験ですが、経験したことのない人からの援助を受けた時に「あなたに何がわかるんですか」「そりゃあなたはそう言えますよね」と腹が立ってしまうことも少なくありませんでしたから。我々の「わかる!」には、嘘がありません。

繋げる

それぞれ各専門家との繋がりが豊富にあるため、必要を感じた場合には適切な機関や専門家へ繋げることが出来ます。児童相談所、子ども家庭支援センター、精神科医をはじめ、その子にあったサポートを行ってくれる関係者を紹介できます。

そして芸術分野で生きていきたい子がいれば積極的に最前線で活躍しているその道のプロへと紹介していき、就労支援(夢の実現)を行います。

また、その子の良さを必ずサルベージして様々な可能性と選択肢を提供し、親子共に笑顔を絶やさず生きていけるよう、親御さんの相談(カウンセリング)にも応じています。

子どもたちの笑顔を、未来を繋げていくために!

 

オルタナティブスクールの設立

現在は出張でアートセラピーリトミックを中心に、個別でのカウンセリングなど様々な活動を行っていますが、我々は近年中にオルタナティブスクール(フリースクールの一種)の設立を目指しています。

ひとりひとりの個性を尊重し、子どもたちが抑圧されることなく自分で選んだ分野の勉強を突き進めていく夢を諦めなくていい学校があったら素敵ですよね。

鋭意、準備しています。応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m 

 

これからよろしくお願いします!

何はともあれ、このブログでは【児童福祉×芸術】をテーマにした記事の更新を行っていきますので、これからSNSなどでお世話になることがあるかと思います。その際はシェアやRTなどでの応援を、何卒よろしくお願いいたします。

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました!